国内線専用の新ターミナルを視察してきました。旧国際線ターミナル2を改装して国内線専用ターミナルに変身した新ターミナル内は、2015年12月24日にオープンしたばかりなので眩しいくらいに光っています。レストランやカフェ等の施設も充実しておりLCC格安航空会社との相乗効果で流行るのも納得です。長距離バスや列車の料金と移動時間に比べてもコストパフォーマンスが高く、気軽に利用出来るのもLCCの魅力です。唯一、気をつけたいのが、とにかく人、人、人で溢れている事です。視察を兼ねて出発時間の3時間以上前に到着してチェックイン手続きのために並びましたが、手続き完了したのがなんと...出発時間の30分前。それも、途中から出発間際の臨時カウンターに入れてもらっての所要時間です。繁忙期であれば仕方ないのですが、何も無い平日の出来事になりますので、ドンムアン空港利用時には、時間には余裕を持ってお出かけください。ちなみにタイ国内線に就航しているキャリアは、エアアジアやノックエア、タイライオンエア、タイスママイル、オリエントタイ航空、カンエアが発着しています。