ウボンラチャタニー・バスターミナル

長距離バス

バスタイ国内の地方都市を結ぶ長距離バス、鉄道の通っていない都市にも運行しており、使い勝手はなかなか良い。当然、飛行機と比較すると時間は掛かるが、料金も安く道路事情も良好、バスの種類も多様なタイのバスの旅は思った以上に快適です。
長距離バスは、公営と民間の2種類、料金とサービスはほとんど同じです。バスの種類は豪華で快適な「VIPバス」、トイレ、テレビ、時間帯により軽食のサービスなどが付いた「1等エアコンバス」、「2等エアコンバス」、経済的な「ノンエアコン長距離バス」などがあります。

バスターミナル情報

ターミナル 場所 主な路線
南バスターミナル
(サーイターイマイ)
タリンチャン
  • プーケット(約14時間)
  • ハジャイ(約14時間)
  • スラーターニー(約11時間)
  • サムイ(約18時間)
  • カンチャ ナブリ(約2時間)
  • チャアム(約3時間)
  • ホアヒン(約3時間30分)
  • クラビ(約12時間)
  • タムナーン・サドゥアン(約2時間)
  • チュンポン(約7時間)
  • トラン(約12時間)
  • ナコーン・パトム(約1時間)
東バスターミナル
(エカマイ)
クローントゥーイ
  • パタヤ(約2時間20分)
  • ラヨーン(約3時間)
  • サタヒープ(約3時間)
  • チャチェーン・サオ(約2時間)
  • チョンブリー(約1時間30分)
  • トラート(約5時間)
  • チャンタブリ(約4時間)
北バスターミナル
(モーチットマイ)
チャトチャック
  • アユタヤ(約1時間30分)
  • チェンマイ(約10時間)
  • ピッサヌローク(約5時間30分)
  • メーサイ(約12時間30分)
  • メーホーンソーン(約14時間)
  • チェンライ(約11時間)
  • スコータイ(約7時間30分)
  • コーンケーン(約6時間30分)
  • ノンカイ(約7時間30分)
  • ウボンラチャタニ(約10時間30分)
  • ウドンタニ(約9時間)
  • シーサケート(約2時間30分)

備考

  • 情報は常に最新を心がけていますが、ある程度の遅延が生じる恐れがあります。
  • 正確な情報は各公式ウェブサイトにてご確認ください。
  • 本ウェブサイトを利用したことにより被った損害について一切責任は負いません。

バンコク路線バス

約200路線と路線数が多く、また種類も豊富なバンコクのバス。バンコク市内を縦横無尽に走っており、生活に欠かせない存在だ。
旅行者にとっては複雑なので最初は乗りこなすのに苦労するが、ルート番号をある程度覚えてしまえば料金も安く移動には欠かせない存在になってくる。また、地方都市への移動にも各ターミナル(南バスターミナル、東バスターミナル、新北バスターミナル)より長距離バスが運行している。タイ旅行バンコク旅行に欠かせない交通手段、。格安料金で渋滞を回避しタイ・バンコクを効率よく移動するために抑えておきたい情報です。

バンコク路線バスの料金

車両タイプ 料金 エアコン 備考
赤バス(赤とクリーム) 7バーツ なし 料金は一律制、無料バスは廃止になりました。
白バス(白と青) 8バーツ なし 料金は一律制、一部に距離制あり
旧型エアコンバス(青とクリーム) 11〜19バーツ あり
新型エアコンバス(オレンジや青) 12〜24バーツ あり 連結車両は廃止
NGVバス(黄) 12〜24バーツ あり 日本のタクシーと同じ天然ガス
小型バス(緑) 6.5バーツ なし

乗車方法

  1. 目的のバスが近づいてきたら、腕を斜め下に突き出し乗車意思
    ※待っているだけでは止まってくれない事もあるので注意!
  2. 周りの安全を確認してからすばやく乗車しよう。
  3. 料金は乗務員が回収しにくるので、料金一律以外のバスは目的地を告げよう。
    ※エアコンなし=料金一律、エアコン付=乗車エリアにより料金が異なる。
  4. 目的地に近づいたら車内のブザーを押し降車意思を伝える。
  5. 乗車時と同様に周りの安全状況を確認してすばやく降車
    ※乗車、降車の途中で走り出すケースもあるので気をつけよう。

備考

  • 情報は常に最新を心がけていますが、ある程度の遅延が生じる恐れがあります。
  • 正確な情報は各公式ウェブサイトにてご確認ください。
  • 本ウェブサイトを利用したことにより被った損害について一切責任は負いません。