旧泰緬鉄道乗車とカンチャナブリー観光・象乗り体験付き

カンチャナブリー観光(オプショナルツアー)
カンチャナブリー観光(オプショナルツアー)

バンコクから西へ約2時間、ミャンマーとの国境近くの町「カンチャナブリー」は、映画「戦場にかける橋」の舞台になった場所でもあり人気のツアーコースとなっています。特に旧泰緬鉄道は、第二次世界大戦中にビルマへ物資を運ぶために敷かれた路線で、クウェー川鉄橋など戦時中に破壊されましたが、1950年に復旧され現在では観光や地元民の足として利用されています。
本ツアーでは、クウェー川鉄橋の散策からスタートして、洞窟寺やムアンシン遺跡を観光、そしてメインの旧泰緬鉄道ではタキレーン駅からタムクラセー駅までの区間を乗車、アルヒル桟橋建設時の休憩場所クラセー洞窟も見学します。ポイントは、タムクラセー駅手前のタムクラセー桟道橋、旧名称「アルヒル桟道橋」は、断崖絶壁を切り開き崖の側面に沿って続く約300mもの桟道橋はスリル満点で一番の見どころになっています。
また、タイに来たら是非体験したい「エレファントライド(象乗り体験)」とタイ料理ビュッフェの昼食も付いてお得な充実した終日ツアーになっております。
もちろん日本語ガイドが丁寧に解説案内、また、他のお客様が同乗しないお客様だけのプライベート専用車両(混載無し)でカンチャナブリーを巡る旅へご案内します。


行程スケジュール

午前出発

①ホテル(7:00)====②クウェー川鉄橋==③洞窟寺==④ムアン・シン遺跡==⑤旧泰麺鉄道乗車====⑥昼食(タイ料理ビュッフェ)==⑦クラセー洞窟==⑧象乗り体験====⑨ホテル(18:00)


旧泰麺鉄道

旧泰緬鉄道(オプショナルツアー) バンコクのトンブリー駅からカンチャナブリーのナムトック駅まで列車が運行しており、断崖絶壁を切り開き崖の側面に沿って続く約300mものタムクラセー桟道橋(旧名称「アルヒル桟道橋」)は、でスリル満点で一番の見どころになっています。

クウェー川鉄橋

クウェー川鉄橋(オプショナルツアー) 映画「戦場に架ける橋」の舞台になったクウェー川鉄橋、第二次世界大戦中に日本軍が補給ルートとしてタイとビルマ(現ミャンマー)を結ぶ泰緬鉄道を開通、全工程で一番の難工事箇所として知られています。クウェー川鉄橋駅の先には、戦時中、実際に使用されていた蒸気機関車(C56型)が展示されており歴史を垣間みることができます。

洞窟寺(ワット・タムマンコントーン)

ワット・タムマンコントーン(オプショナルツアー) 修行の一環として深さ2.5m、直径6mほどの水槽内で水に浮かぶ修行をする尼僧がいる寺院「ワット・タムマンコントーン」、通称「洞窟寺」と言われています。境内へ続く階段がチェンマイのドイステープを彷彿させる美しい寺院です。

ムアン・シン遺跡

ムアンシン遺跡(オプショナルツアー) クメール時代の遺跡「ムアン・シン遺跡」。その中心になっている寺院は、13世紀頃のアンコール朝時代に建てられたもので、四角い境内の中に大きなプラーン(クメール様式の仏塔)があり、周囲を小さなプラーンが囲んでいます。その光景は、ロッブリーのプラプラーンサムヨートを彷彿させ歴史を感じさせます。

クラセー洞窟

アルヒル桟橋の建設時に休憩場所として使用されたクラセー洞窟、中には仏像などが安置されています。こじんまりとした洞窟で、アルヒル桟道橋のすぐ近くにあります。

象乗り体験

象乗り体験(オプショナルツアー) タイならではの体験!以外と高い象の背中に乗っての散策は見晴らし抜群ですが、想像以上に揺れますのでしっかり掴まってください。また、エレファントキャンプ内では多数の象が飼育されています。


ツアー料金

参加人数
1名様あたりの料金
合計料金
1名様
30,920円
30,920円
2名様
19,600円
39,200円
3名様
15,440円
46,320円
4名様
14,240円
56,960円
5名様
12,900円
64,500円
6名様
12,080円
72,480円

料金に含まれているもの

  • 専用送迎車
  • 日本語ガイド
  • 昼食代
  • 各種入場料
  • 鉄道乗車代
  • 象乗り体験代

料金に含まれていないもの

  • 昼食以外の飲食代
  • 昼食時のアルコールなど、コース以外のもの

ご予約

① 出発時間を選択してください
② 参加人数を選択してください

お問合せ


重要なご案内

  • 観光予定箇所が予告なく急遽クローズ(お休み)となる場合がございます。
  • ホテル到着時間は、あくまで目安となり道路交通状況によっては大幅に変更される場合がございます。
  • 当日の道路交通状況によっては行程スケジュールの順番を入れ替える場合がございます。