タイ現地情報(タイ国王ご崩御)

2016/10/14現地情報

タイ国王ご崩御に伴い、タイ国内の一般国民は30日間、公務員及び国営企業従業員、政府機関職員は、1年間の喪に服する事となりました。
この期間、歓楽街(レストランを除くバーなどが対象)は、営業が11月12日まで自粛される見通しです。

ゴルフ場につきましては通常通りの営業となっております。
また、喪に服する期間についてはアルコールの販売などが自粛される「可能性」があります。
11月13日からは(アルコールの販売などを含め)その他の一般的な歓楽施設も平常に戻るとされています。
※現段階では、あくまで「可能性」で確定ではありません。

その他一般的な観光地は、王宮等の一部を除いて基本的に通常通り営業されています。
「王宮」と「エメラルド寺院」につきましては現在無期限で閉館となります。