プミポン国王陛下 ご崩御

2016/10/14タイ王室庁からの発表

プミポン国王陛下は、仏暦2557年(西暦2014年)10月3日より王室庁がこれまで発表してきたように、シリラート病院でご健康回復のため治療を受けてきました。医師団は、最大限の努力で治療を続けてきましたが、ご体調はご回復せず、仏暦2559年(西暦2016年)10月13日(木)15時52分、シリラート病院にて安らかにご崩御されました。享年89歳、王位在位期間70年でした。

タイ王室庁からの案内

10月13日 19:00、王室庁によるプミポン国王陛下ご崩御の発表の後、テレビの一斉放送により、首相府から以下の発表がありました。

  1. 全ての公的な場所、国営企業、政府関係機関及び教育機関は、10月14日より30日間半旗を掲揚する。
  2. 全ての公務員及び国営企業従業員、政府機関職員は、10月14日より1年間喪に服す。
  3. 一般国民は、適切な行動を考えて行動すること。