タイ旅行の予算

タイ旅行の予算
  • タイ旅行の予算はどのくらい?
  • タイ旅行の予算は、旅行のスタイルにより大きく異なります。日本と比較して物価も安く、特にタイ国内におけるバスや鉄道での移動が信じられないくらい安く、またおいしいタイ料理がリーズナブルな料金で楽しめます。
    ところが、やはり贅沢をすると日本と同等、もしくはそれ以上に高ついてしまう事もありますが、あまりにケチケチ旅行になりすぎるとセキュリティの弱いゲストハウスや旅社で盗難や衛生面での心配も出てきます。
    それぞれの旅行スタイルに合った予算を決めて楽しいタイ旅行に出かけましょう。

一般的なタイ旅行の予算

項目 金額 備考
航空券代 約60,000円 エコノミークラス・往復・直行便利用
空港からの移動 約500円 エアポートレールリンク利用・片道(スワンナプーム国際空港〜BTSパヤータイ駅)
宿泊代 約5,000円〜 3つ星クラス・1泊あたり・朝食付き
朝食代 0円 ホテルの朝食付きプランを選択
昼食代 約200〜500円 1食あたり・屋台またはフードコート、ファーストフードの食事、ドリンク
夕食代 約500〜1,500円 1食あたり・タイ料理・シーフード等のレストラン、アルコール飲料
飲料 約20円〜 コンビニエンスストアのミネラルウォーター(500mlのペットボトル)
観光・入場料 約170円〜 ワットプラケオの入場料:400バーツ、ワットポーの入場料:100バーツ、ワットアルンの入場料:50バーツ
タクシー 約120円〜 初乗り運賃
エアコン付きバス 約40円〜 乗車区間により料金は異なります。
BTSスカイトレイン 約50円〜 乗車区間により料金は異なります。
MRT地下鉄 約50円〜 乗車区間により料金は異なります。
タイマッサージ 約700円〜 一般的なタイマッサージの料金で時間は2時間、チップは50〜100バーツを目安に。ワットポーのタイマッサージがおすすめ。
お土産 約100円〜 空港までの移動時には少し大変ですが、空港の免税店よりも市内のスーパーや露店の方が安くタイらしいお土産が多いです。メントールの効果で鼻がスースーするヤードンが人気でまとめ買いをしても安上がりです。

豪華贅沢なタイ旅行の予算

項目 金額 備考
航空券代 約180,000円 ビジネスクラス・往復・直行便利用
航空券代 約320,000円 ファーストクラス・往復・直行便利用
空港からの移動 約1,800円〜 リムジンタクシー利用・片道(車種により料金が異なります。)
宿泊代 約15,000円〜 5つ星クラス・1泊あたり・朝食付き
朝食代 0円 ホテルの朝食付きプランを選択
昼食代 約1,000〜3,000円 1食あたり・ホテルまたはレストランでの食事、ドリンク
夕食代 約2,000〜5,000円 1食あたり・高級タイ料理・シーフードレストラン・ディナーショー等、アルコール飲料は別
観光・入場料 約170円〜 ワットプラケオの入場料:400バーツ、ワットポーの入場料:100バーツ、ワットアルンの入場料:50バーツ
専用車・貸切チャーター 約15,000円〜 バンコク市内及び近郊、1日あたり10時間まで利用可能(車種タイプはワンボックス)
タイマッサージ 約2,000円〜 高級タイマッサージの料金で時間は2時間、チップは100〜200バーツを目安に。
スパ・エステ 約4,000円〜 コースにより施術時間や料金は異なります。
お土産 約3,000円〜 タイのお土産で人気のタイシルク、ジムトンプソンが有名。

エコノミーなタイ旅行の予算

項目 金額 備考
航空券代 約40,000円 LCC・エコノミークラス・往復・経由便利用
空港からの移動 約80円 公営バス利用(バスターミナルまでの移動が必要)
宿泊代 約1,000円〜 ゲストハウス・1泊あたり・朝食付き
朝食代 0円 ゲストハウスの朝食付きプランを選択
昼食代 約60〜120円 1食あたり・屋台の食事、ドリンク
夕食代 約120〜500円 1食あたり・屋台またはコンビニ
飲料 約20円〜 コンビニエンスストアのミネラルウォーター(500mlのペットボトル)
観光・入場料 約170円〜 ワットプラケオの入場料:400バーツ、ワットポーの入場料:100バーツ、ワットアルンの入場料:50バーツ
エアコン無しバス 約25円〜 全区間、同額料金にて乗車可能。
BTSスカイトレイン 約50円〜 乗車区間により料金は異なります。
MRT地下鉄 約50円〜 乗車区間により料金は異なります。
お土産 約100円〜 空港までの移動時には少し大変ですが、空港の免税店よりも市内のスーパーや露店の方が安くタイらしいお土産が多いです。メントールの効果で鼻がスースーするヤードンが人気でまとめ買いをしても安上がりです。

タイ旅行の服装

タイ旅行の服装
  • タイ観光の服装概要
  • タイは年間を通して温暖な気候ですので、日本の夏服を準備して行く事をおすすめいたします。
    普段はラフな格好でも問題はありませんが、場所によっては服装に条件がつくような事もあるので注意が必要です。
    また、現地でもショッピングを兼ねてシャツやパンツなどの衣類、下着、靴、サンダルなどを安価で購入することも可能です。

寺院観光タイ旅行の持ち物

  • 短パンや露出度の高い服はNG
  • 特に格式の高い「ワットプラケオ」を例に挙げると、短パン及びノースリーブの入場は不可。女性は別途、ミニスカートや腹部の見える丈の短い服装などの露出度の高い服装も入場禁止となります。しかしながら、入口では服やスカーフの貸し出し(デポジットとして100バーツ~が必要)もありますのでご安心ください。また、ダメージデニムのひざが破けているのも対象となりますのでご注意ください。
    一般的な寺院では特に服装に関する入場制限は設けてはおりませんが、地元の方のタンブン(参拝)の妨げや不快な思いをさせないように最低限の服装のマナーが必要です。
    ※バンコクのワットプラケオ、チェンマイのワットプラタートドイステープ、バーンパインのバーンパイン離宮のドレスコードが特に有名です。

高級レストラン・高級バー

  • TPOにあわせた服装を
  • タイの高級レストランや高級バーでは特にドレスコードはありませんが、サンダルはNGのお店はありますのでご注意ください。
    また、ドレスコードはなくてもTPOにあわせ、襟付きのシャツをチョイスするなど、その場にふさわしい格好の方が楽しめると思います。
    ※ルブアアットステートタワーの屋上のバーなど、一部のレストランやバーではドレスコードがあります。

ホテル内

  • 長袖や上着の持参が望ましい。
  • 経済的なホテル、ゲストハウスのファンのみのお部屋ではクーラー対策は必要ありませんが、クーラー付きのお部屋では長袖や上着は必需品です。特に古いエアコンは温度の微調整ができないケースも多いので長袖や上着は必需品です。

バス・鉄道

  • 長袖や上着の持参が望ましい。
  • 短時間の移動であれば問題ないと思いますが、長距離のバスや電車を使う移動ではクーラーを強力に効かせているので、時間が経つにつれて寒くなり体調を崩すケースも少なくはありません。特に観光後や歩き回った後、汗をかいた状態では冷たさが倍増して風邪をひきやすくなるので、汗をかいた後の着替えや上着は必需品です。

ゴルフ

  • 日本のゴルフの服装と同じ
  • 基本的に日本のゴルフの服装と同じイメージです。ジャケット着用等の決まりはありませんが、TシャツでのプレイはNGのところが多いので、襟付きのシャツは必須アイテムです。また、短パンと短い靴下、スニーカーでのプレイは可能です。

ディスコ

  • サンダルでなければOK
  • 一般的に、日本のディスコと異なりドレスコードはサンダルでなければ大丈夫です。また、治安についてですが、ホテルの地下にあるようなメジャーなディスコでは問題ないですが、ローカルのディスコではトラブルなど十分にご注意して楽しんでください。

備考

  • 体感温度は個人差があります。
  • 異常気象などの影響により、上記気候があてはまらない場合もあります。
  • 最低気温や最高気温はその年により大きく異なる場合があります。

タイ旅行の持ち物

重要度★★★

品名 備考
パスポート 写真付のページを1~2枚コピー
滞在中は常に携帯が義務づけられています
現金 タイ到着後、街中の方が両替レートが良い
空港の場合は地下1階の空港駅横の両替所がオススメ!
クレジットカード ホテルでデポジットとして提示を求められるケースあり(無い場合は現金)
ショッピング保険や旅行傷害保険など付帯しているのもある
年会費無料もあるので1枚は持っておきたい
携帯電話 無料Wi-Fiも増えているので必ず持参しよう
SIMフリー機種であれば現地でSIMカードを購入して現地料金で通話可能
旅行者向けの定額プランなどあり
海外旅行保険 海外旅行保険証書も忘れずに
常備薬 種類によっては入手不可の場合もあります

重要度★★

品名 備考
航空券(Eチケット) 忘れてもスマホやタブレットの画面からでも提示可
スケジュール確認や入国カード記入時のため
ホテルのバウチャー スムーズなチェックインのため
空港タクシーの係員へ提示したり入国カード記入時のため
観光時のバッグ 観光中に持ち歩く小さなバッグ(ボディバッグやウェストポーチ)
観光時の財布 観光中に持ち歩く財布(またはマネークリップなど)
全額持ち歩くのは大変危険です
必要な金額のみ残りはセーフティーボックスへ
ノートPC、タブレット 現地で仕事や無料通話(LINE通話やSKYPE)をされる場合は必需品
カメラ、ムービー 最近の携帯電話のカメラも高性能なので代替可能
日焼け止め 皮膚が弱い方や日焼けしたくない方は必需品
現地でも購入可能だが肌に合わない場合も
ガイドブック 現地調達も可能だがロンリープラネットなど英字が多い
指差し会話帳 タクシーや市バスでの移動や、ローカルレストランなどで効果を発揮

重要度

品名 備考
変圧器 最近はユニバーサルタイプの電圧が多い
ボールペン 機内で出入国カードを作成時に必要
折りたたみ傘 雨季やスコール時期には必需品だが現地購入も可
高級ホテルは各部屋に備え付けられている場合もある
帽子や日傘 炎天下での観光には必需品だが現地購入も可
サングラス 炎天下での観光には必需品
サンダル・スリッパ タイでは必需品、機内でもあると楽
洗面用具 エコノミーホテルには剃刀や歯ブラシがない場合も
ティシューペーパー 地方へ行くとトイレに常設されていない場合も
長袖の上着 ワットプラケオなど格式の高い寺院では必須
クーラー対策や日焼け対策にも
長ズボン ワットプラケオなど格式の高い寺院では必須
クーラー対策や日焼け対策にも
水着 ビーチやプールへ行く場合は必需品
iPodなどの音楽プレーヤー 移動時などあると便利
洗剤 お部屋で洗濯される場合

備考

  • 液体など機内持ち込み禁止の物もあります。
  • タイの物価上昇により、日本で事前に購入した方が安い場合もあります。
  • 上記アイテムはサービスアパートやホテル、施設に備え付けられている場合もあります。

タイのイベント情報

タイのイベント情報
  • 開催の日付や場所は、記載のものと異なる場合がございますので、詳細は各関係機関へお問合せください。
  • また、予告無く中止や延期となる場合がございます。

1月のタイイベント情報

  • バンコクカウントダウン
  • 時期:12月31日-1月1日
  • 場所:バンコク市内・ラーチャダムリ交差点周辺など
  • タイ自転車レース大会
  • 時期:1月頃
  • 場所:イサーン(コーンケーン・カラシン・サコンナコーン・ナコーンパノム)
  • タイランド・チャイナタウン・フェスティバル
  • 時期:1月または2月
  • 場所:バンコク市内・ヤワラート通り
  • ナコーンパトム・フルーツフェスティバル
  • 時期:1月-2月
  • 場所:ナコーンパトム市内
  • ボーサン傘祭り & サンカンペーン工芸品フェスティバル
  • 時期:毎年1月の第3金曜日から日曜日
  • 場所:チェンマイ・ボーサン村
  • ロイヤル・フローラ・ラチャプルック
  • 時期:12月中旬-3月中旬
  • 場所:チェンマイ・ボーサン村
  • コーンケーン国際マラソン
  • 時期:1月下旬
  • 場所:コーンケーン・コーンケーン大学
  • ドン・チェディ記念祭
  • 時期:1月頃
  • 場所:スパンブリー
  • スコータイ歴史公園ライトアップナイト
  • 時期:12-1月頃
  • 場所:スコータイ

2月のタイイベント情報

  • タイランド・チャイナタウン・フェスティバル
  • 時期:1月または2月
  • 場所:バンコク市内・ヤワラート通り
  • ナコーンパトム・フルーツフェスティバル
  • 時期:1月-2月
  • 場所:ナコーンパトム市内
  • ミニ・ライト & サウンド・ショー
  • 時期:2月-5月
  • 場所:スコータイ
  • チェンマイ花祭り
  • 時期:2月頃
  • 場所:チェンマイ
  • ロイヤル・フローラ・ラチャプルック
  • 時期:12月中旬-3月中旬
  • 場所:チェンマイ・ボーサン村

3月のタイイベント情報

  • カオプン・ブンパウェット・フェア
  • 時期:3月頃
  • 場所:ローイエット
  • ポイサンロン
  • 時期:3月-4月
  • 場所:メーホンソーン
  • ASEANチョウショウバトの長鳴きコンテスト
  • 時期:3月頃
  • 場所:ヤラー
  • パタヤ国際ミュージックフェスティバル
  • 時期:3月頃
  • 場所:パタヤ
  • 国際カイト・フェスティバル
  • 時期:3月頃
  • 場所:チャアム
  • タイ国鉄開通記念日
  • 時期:3月下旬
  • 場所:フアランポーン駅~アユタヤ駅
  • ロイヤル・フローラ・ラチャプルック
  • 時期:12月中旬-3月中旬
  • 場所:チェンマイ・ボーサン村
  • ミニ・ライト & サウンド・ショー
  • 時期:2月-5月
  • 場所:スコータイ

4月のタイイベント情報

  • ハッシアオ象得度式
  • 時期:4月7-8日
  • 場所:スコータイ
  • ソンクラーン(水掛け祭り・旧正月)
  • 時期:4月13-15日
  • 場所:タイ全都市
  • ポイサンロン
  • 時期:3月-4月
  • 場所:メーホンソーン
  • ミニ・ライト & サウンド・ショー
  • 時期:2月-5月
  • 場所:スコータイ

5月のタイイベント情報

  • トップ・オブ・ザ・ガルフ・レガッタ
  • 時期:5月
  • 場所:パタヤ・ジョムティエンビーチ
  • ハジャイ国際マラソン
  • 時期:5月頃
  • 場所:ハジャイ
  • ブン・バンファイ(ロケット・フェスティバル)
  • 時期:5月中旬
  • 場所:ヤソートーン
  • ミニ・ライト & サウンド・ショー
  • 時期:2月-5月
  • 場所:スコータイ

6月のタイイベント情報

  • アメージングタイランド・グランドセール
  • 時期:6月中旬-8月中旬
  • 場所:バンコク及びタイ主要都市
  • ホアヒン・インターナショナル・ジャズ・フェスティバル
  • 時期:6月
  • 場所:ホアヒン・ホアヒンビーチ
  • ラグーナ・プーケット国際マラソン
  • 時期:6月中旬
  • 場所:プーケット
  • ピー・ター・コン・フェスティバル
  • 時期:6月-7月
  • 場所:ルーイ県ダーンサーイ
  • グラチャオ花祭り
  • 時期:6月-8月
  • 場所:チャイヤプーム県
  • タイ・スコータイマラソン
  • 時期:6月頃
  • 場所:スコータイ

7月のタイイベント情報

  • ピー・ター・コン・フェスティバル
  • 時期:6月-7月
  • 場所:ルーイ県ダーンサーイ
  • アメージングタイランド・グランドセール
  • 時期:6月中旬-8月中旬
  • 場所:バンコク及びタイ主要都市
  • パタヤ国際マラソン
  • 時期:7月中旬
  • 場所:パタヤ・セントラルフェスティバル前
  • キャンドル・フェスティバル
  • 時期:7月上旬-8月上旬
  • 場所:ウボンラーチャターニー
  • グラチャオ花祭り
  • 時期:6月-8月
  • 場所:チャイヤプーム県

8月のタイイベント情報

  • 王妃誕生日
  • 時期:8月12日
  • 場所:タイ全都市
  • 女王陛下誕生日・蒸気機関車特別運行
  • 時期:8月12日
  • 場所:フアランポーン駅~アユタヤ駅
  • アメージングタイランド・グランドセール
  • 時期:6月中旬-8月中旬
  • 場所:バンコク及びタイ主要都市
  • 国際花火コンテスト
  • 時期:8月中旬
  • 場所:パタヤ市内・パタヤ ソイ6
  • ホアヒン・ジャズフェスティバル
  • 時期:8月下旬
  • 場所:ホアヒン・ホアヒンビーチ
  • キングスカップ・エレフアント・ポロ
  • 時期:8月頃
  • 場所:ホアヒン〜バンコク近郊
  • ホアヒン・チャアム・ゴルフフェスティバル
  • 時期:8月-9月
  • 場所:ホアヒン・チャアムチ
  • グラチャオ花祭り
  • 時期:6月-8月
  • 場所:チャイヤプーム県

9月のタイイベント情報

  • キングスカップ・エレフアント・ポロ
  • 時期:9月
  • 場所:ホアヒン/アナンタラ・リゾート&スパ
  • インターナショナル・スワン・ボートレース
  • 時期:9月頃
  • 場所:アユタヤ
  • プ−ケット ベジタリアン フェスティバル
  • 時期:9月下旬-10月上旬
  • 場所:プーケット
  • 十月祭
  • 時期:9月-10月
  • 場所:タイ南部
  • ホアヒン・チャアム・ゴルフフェスティバル
  • 時期:8月-9月
  • 場所:ホアヒン・チャアムチ

10月のタイイベント情報

  • プ−ケット ベジタリアン フェスティバル
  • 時期:9月下旬-10月上旬
  • 場所:プーケット
  • 十月祭
  • 時期:9月-10月
  • 場所:タイ南部
  • 光のボートパレード・フェスティバル
  • 時期:10月下旬
  • 場所:ナコーンパノム
  • チェンマイ・イーペン祭り
  • 時期:10月頃
  • 場所:チェンマイ
  • バンファイ・パヤナーク(龍神の火の玉祭り)
  • 時期:10月-11月
  • 場所:ノーンカーイ・メコン川
  • チョンブリー・バッファローレース
  • 時期:10月頃
  • 場所:チョンブリー
  • ラプター・ワッチ・フェスティバル(猛禽類観察祭り)
  • 時期:10月-11月
  • 場所:チュンポーン

11月のタイイベント情報

  • バンコクマラソン
  • 時期:11月中旬(2月に開催されるケースもあるので注意)
  • 場所:バンコク
  • ロイクラトン祭り
  • 時期:11月頃
  • 場所:バンコク
  • サムットソンクラーム・ロイクラトン・サーイ
  • 時期:11月上旬
  • 場所:サムットソンクラーム・アンパワー
  • クウェー川鉄橋週間
  • 時期:11月下旬-12月上旬
  • 場所:カンチャナブリー・クウェー川鉄橋
  • ボート & ラフトフェスティバル
  • 時期:11月上旬
  • 場所:カンチャナブリ・クウェーヤイ川
  • ロイクラトン・サーイ・フェスティバル
  • 時期:11月中旬
  • 場所:ターク・ピン川土手
  • チェンマイ・イーペン祭り
  • 時期:11月下旬
  • 場所:チェンマイ市内・チェンマイ県庁前他
  • イーペン・サンサーイ祭り
  • 時期:11月下旬
  • 場所:チェンマイ・メージョー大学敷地内
  • イーペン・ランナー・インターナショナル
  • 時期:11月上旬
  • 場所:チェンマイ・メージョー大学敷地内
  • スコータイ・ロイクラトン & キャンドル・フェスティバ
  • 時期:11月上旬
  • 場所:スコータイ・スコータイ歴史公園
  • スリン・エレファント・ラウンドアップ・ショー(象祭り)
  • 時期:11月上旬
  • 場所:スリン・シーナロンスタジアム
  • バンファイ・パヤナーク(龍神の火の玉祭り)
  • 時期:10月-11月
  • 場所:ノーンカーイ・メコン川
  • ラプター・ワッチ・フェスティバル(猛禽類観察祭り)
  • 時期:10月-11月
  • 場所:チュンポーン
  • チャレンジ・ラグーナ・プーケット・トライフェスト
  • 時期:10月頃
  • 場所:プーケット
  • アジアン・ビーチ・ゲーム
  • 時期:10月頃
  • 場所:プーケット
  • オーシャン・マリーナ・パタヤ・ボート・ショー
  • 時期:10月頃
  • 場所:パタヤ
  • パタヤ・ダッチ・スイング・カレッジ・バンド
  • 時期:10月頃
  • 場所:パタヤ

12月のタイイベント情報

  • 国王陛下誕生日
  • 時期:12月5日
  • 場所:タイ全都市
  • 国王閲兵式
  • 時期:12月上旬
  • 場所:バンコク・旧国会議事堂前
  • バンコクカウントダウン
  • 時期:12月31日-1月1日
  • 場所:バンコク・ラーチャダムリ交差点周辺など
  • アユタヤ世界遺産祭り
  • 時期:12月上旬
  • 場所:アユタヤ・アユタヤツーリズムセンター
  • クウェー川鉄橋週間
  • 時期:11月下旬-12月上旬
  • 場所:カンチャナブリー・クウェー川鉄橋
  • プラ・パトム・チェディ祭り
  • 時期:12月
  • 場所:ナコーンパトム・プラパトムチェディ境内
  • プーケット・キングスカップ・レガッタ
  • 時期:12月
  • 場所:プーケット・カタビーチ
  • チェンマイ・マラソン
  • 時期:12月
  • 場所:チェンマイ・3人の王様像前
  • ロイヤル・フローラ・ラチャプルック
  • 時期:12月中旬-3月中旬
  • 場所:チェンマイ・ボーサン村
  • スコータイ歴史公園ライトアップナイト
  • 時期:12-1月頃
  • 場所:スコータイ
  • バンコクカウントダウン
  • 時期:12月31日-1月1日
  • 場所:バンコク市内・ラーチャダムリ交差点周辺など

注意事項

  • イベントの時期や日付などは、その年により記載の時期と大きく異なる場合がございますので、必ず各関係機関へご確認ください。
  • 上記内容は予告なく変更されることや中止となる場合があります。
  • 上記内容を利用したことにより被った損害について一切責任は負いません。
  • 正確な日時及び場所につきましては各関係機関へ直接お問合せください。

タイの禁酒日

タイの禁酒日
  • タイの禁酒日について
  • タイの禁酒日情報です。日本では聞き慣れませんがタイには禁酒日があり、この日はタイ人はもちろん旅行者も含めお酒が飲めなくなります。飲食店はもちろん、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでも販売が自粛されます。お酒を飲まれる方は、禁酒日を外してお出かけください。

2018年 タイの禁酒日

日付 曜日 禁酒日 備考
3月1日 木曜日 マカブーチャ/万仏祭
5月29日 火曜日 ウィサカブーチャ/仏誕節
7月27日 金曜日 アサラハブーチャ/三宝祭
7月28日 土曜日 カオパンサー/入安居 休日は官公庁のみ
10月24日 水曜日 オークパンサー/出安居 休日は官公庁のみ
選挙投票日
選挙投票日・前日

2019年 タイの禁酒日

日付 曜日 禁酒日 備考
2月19日 火曜日 マカブーチャ/万仏祭
5月18日 土曜日 ウィサカブーチャ/仏誕節
5月20日 月曜日 ウィサカブーチャ/仏誕節 振替休日のため禁酒日か確認中
7月16日 火曜日 アサラハブーチャ/三宝祭
7月28日 水曜日 カオパンサー/入安居 休日は官公庁のみ
10月13日 日曜日 オークパンサー/出安居 休日は官公庁のみ
選挙投票日
選挙投票日・前日

備考

  • 仏教関係の休日および選挙投票前日と当日はスーパーマーケット、コンビニエンスストア、レストランでの酒類販売が禁止となると同時にナイトバーやクラブなどは営業停止となります。
  • また1年間を通して酒類販売は11~14時と17~24時のみで、左記の時間外は販売禁止となりコンビニエンスストアのアルコールが置いてある冷蔵庫のドアには施錠されスーパーマーケットではレジにて回収されます。
  • 一部の外資系スーパーやホテル内レストランでは、時間や禁酒日に関係なく、常時アルコールを提供している所もございますが、トラブルに巻き揉まれないためにもルールを守っていただくのが賢明です。
  • どうしてもアルコールを召し上がりたい場合は、事前に購入してお部屋の冷蔵庫等でストックされることをおすすめいたします。
  • タイの禁酒日は毎年同じとは限りませんのでご注意ください。
  • 上記日付はあくまで予定になりますので、詳細はお客様ご自身で各関係機関にてご確認ください。

タイの祝日

タイの祝祭日
  • タイの祝日について
  • タイの祝日情報です。タイの祝日は、店舗等がお休みになるケースが多く折角の旅行に水を差す事も...楽しいタイ旅行にするため事前に情報収集してお出かけください。タイならではの仏教関連や国王、王妃の誕生日が主に祝日として設定されています。祝日よっては官公庁のみお休みの場合や一般企業のみお休みの場合があります。また、固定日ではなく毎年変更になる事もありますので事前の確認を心がけてください。

2018年 タイの祝日・休日カレンダー

日付 曜日 祝祭日 備考
1月1日 月曜日 元旦
1月2日 火曜日 大晦日12/31の振替休日 ※11/7の閣議により決定
3月1日 木曜日 マカブーチャ/万仏祭
  • 禁酒日(アルコール類販売禁止)
  • 毎年日にちが変わります。
4月6日 金曜日 チャックリー記念日
4月13-17日 金~火曜日 ソンクラーン/水掛祭り(タイ旧正月) 16,17日は振替休日
5月1日 火曜日 レイバーデイ 一般企業のみ休み
5月5日 土曜日 載冠記念日(ラーマ9世国王即位日)
5月7日 月曜日 載冠記念日(振替休日)
5月29日 火曜日 ウィサカブーチャ(仏誕節)
  • 禁酒日(アルコール類販売禁止)
  • 毎年日にちが変わります。
未定 金曜日 農耕祭
  • 官公庁のみ休み
7月27日 金曜日 アサラハブーチャ(三宝節)
  • 禁酒日(アルコール類販売禁止)
  • 毎年日にちが変わります。
7月28日 土曜日 ワチラロンコン国王誕生日
7月28日 土曜日 カオパンサー(入安居)
  • 禁酒日(アルコール類販売禁止)
  • 官公庁のみ休み
  • 毎年日にちが変わります。
7月30日 月曜日 ワチラロンコン国王誕生日(振替休日)
8月12日 日曜日 王妃誕生日
8月13日 月曜日 王妃誕生日(振替休日)
10月23日 火曜日 チュラロンコーン大王記念日
12月5日 水曜日 ラーマ9世誕生日
12月10日 月曜日 憲法記念日
12月31日 月曜日 大晦日

2019年 タイの祝日・休日カレンダー

日付 曜日 祝祭日 備考
1月1日 火曜日 元旦
2月19日 火曜日 マカブーチャ/万仏祭
  • 禁酒日(アルコール類販売禁止)
  • 毎年日にちが変わります。
4月6日 土曜日 チャックリー記念日
4月8日 月曜日 チャックリー記念日(振替休日)
4月13-16日 土~火曜日 ソンクラーン/水掛祭り(タイ旧正月)
5月1日 水曜日 レイバーデイ 一般企業のみ休み
5月中旬 -曜日 農耕祭
  • 官公庁のみ休み
5月18日 土曜日 ウィサカブーチャ(仏誕節)
  • 禁酒日(アルコール類販売禁止)
  • 毎年日にちが変わります。
5月20日 月曜日 ウィサカブーチャ(振替休日) 振替休日のため禁酒日か確認中
7月16日 火曜日 アサラハブーチャ(三宝節)
  • 禁酒日(アルコール類販売禁止)
  • 毎年日にちが変わります。
7月17日 水曜日 カオパンサー(入安居)
  • 禁酒日(アルコール類販売禁止)
  • 官公庁のみ休み
  • 毎年日にちが変わります。
7月28日 日曜日 ワチラロンコン国王誕生日
7月29日 月曜日 ワチラロンコン国王誕生日(振替休日)
8月12日 月曜日 王妃誕生日
10月13日 日曜日 ラーマ9世記念日
10月14日 月曜日 ラーマ9世記念日(振替休日)
10月23日 水曜日 チュラロンコーン大王記念日
12月5日 水曜日 ラーマ9世誕生日
12月10日 火曜日 憲法記念日
12月31日 月曜日 大晦日

備考

  • 中国旧正月、オークパンサー、ロイクラトーンは祝祭日ではありません。
  • 土・日曜日と祝祭日が重なった場合は、翌平日は振替休日となります。
  • ソンクラーン(水掛祭り)は、毎年4月13日〜15日となり、土日と重なる場合は翌平日が振替休日となります。
  • 「マカブーチャ/万仏祭」は毎年日にちが変わりますのでご注意ください。
  • 「ウィサカブーチャ/仏誕節」は毎年日にちが変わりますのでご注意ください。
  • 「アサラハブーチャ/三宝祭」は毎年日にちが変わりますのでご注意ください。
  • 「カオパンサー/入安居」は毎年日にちが変わりますのでご注意ください。

タイの通貨タイバーツ

タイの通貨タイバーツ
  • タイのお金バーツの基礎知識
  • タイでの通貨は「バーツ」が使用されています。紙幣が6種類、10バーツ、20バーツ、50バーツ、100バーツ、500バーツ、1,000バーツが発行されており全紙幣の表面には前国王ラーマ9世プミポン国王の肖像が印刷されています。硬貨も同様に6種類(1サタン、5サタン、10サタン硬貨を除く)が発行されています。両替は日本でするとレートがあまり良くないので、現地へ到着してからがおすすめ。両替所も豊富で街中でも容易に見つける事が可能です。タクシーやバスに乗車の場合は、あらかじめ小額紙幣を用意すると便利です。1,000バーツを利用する場合は、おつりが用意できないケースもあるので注意が必要です。

タイバーツ紙幣

500バーツ紙幣(見本)
100バーツ紙幣(見本)
50バーツ紙幣(見本)
20バーツ紙幣(見本)

タイバーツ硬貨

10バーツ硬貨(見本)
5バーツ硬貨(見本)
2バーツ硬貨(見本)
1バーツ硬貨(見本)
50サタン硬貨(見本)
25サタン硬貨(見本)

タイの気候

タイの気候
  • タイの気候概要
  • タイは熱帯に位置しており、国土の大部分は熱帯モンスーン気候で、年間を通じて半袖で生活することができます。1日の最高気温は平均30~35℃、最低気温は首都のバンコクで平均24~27℃、タイ第二の都市北部のチェンマイでは平均14~24℃、湿度は平均70~80%。年間を通じて暑い気候だが、雨期(5月中旬~10月)、乾期(10月~2月中旬)、暑期(2月中旬~5月中旬)の3つの季節にわけられる。また、1,860kmもの南北に長い国土の影響で、同じモンスーン気候でも地方により様々な変化が見られます。

雨季

  • 時期:5月中旬~10月
  • 熱帯地方独特のスコールの季節です。日本の梅雨とは異なり、1日中雨が降り続くことは珍しく、夕方に雷を伴って集中豪雨となるケースが多い。また、最近では下水工事が進み改善されつつあるが、バンコクの中心地でもスコールの後は道路が冠水し、停電となり衛星放送が受信できなくなる事も珍しくはない。雨季の終わりになると連日大雨が降り、各地で洪水などの災害発生が多発する傾向にある。5~6月のイサーン(東北地方)は気温が高く、この時期に訪れる予定の方は注意が必要。

乾季

  • 時期:10月~2月中旬
  • タイ旅行に最も理想的な時期で、湿度も低く晴天が続き、降雨もほとんどない。気温も年間のでは低めの時期で、観光で歩き回るにも暑さとの戦いが軽減される。また、年末時期になると朝晩は肌寒く、現地の人は長袖や上着を着る人も珍しくない。北部のチェンマイなどでは日本からの旅行者も朝晩の寒さを実感できるほどである。
    しかしながら例外もあり、タイ南部のタイ湾側「サムイ島」「ナコーンシータマラート」「ソンクラー」では11~12月頃の降水量が年間を通じて最も高くなる。ベストシーズンは2~4月頃となる。

暑季

  • 時期:2月中旬~5月中旬
  • 年間を通じて気温が最も高い時期で、雨季へ近づくにつれて気温と降水量が高くなる。昼夜問わず気温が高く、日中の観光は暑さとの戦いもあり体力の消耗も激しいので、体力に不安のある方は要注意の時期。

備考

  • 体感温度は個人差があります。
  • 異常気象などの影響により、上記気候があてはまらない場合もあります。
  • 最低気温や最高気温はその年により大きく異なる場合があります。

タイ王国の概要

タイ王国の概要
  • 言語
  • タイ語
  • 日常会話では地方によって方言があり、山岳部の少数民族は独自の言語を使用しています。観光地のホテルやレストランでは、英語も通じます。
  • 首都
  • バンコク(タイ語名:クルンテープ・マハーナコーン、英語名:Bangkok)
  • ※正式名称:クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット
  • 国王
  • ラーマ10世(ソムデットプラボーロマオーラサーティラートチャオファー・マハーワチラーロンコーン・サヤームマクットラーチャクマーン国王)
  • 2016年10月13日即位、即位宣誓は2016年12月1日
  • 国旗
  • 中央の紺は国王、その両側の白は宗教、外側の赤は国民を象徴している。
  • 国歌
  • 「プレーン・チャート(タイ王国国歌)」
  • 駅やバスターミナル、空港、公園などの公共施設では、8時と18時の2回、国歌が流される。
  • 曲が流れている間は起立し、動かないこと。
  • 映画館や劇場では本編上映、上演前に国歌か国王賛歌が流される。もちろんその際も起立することが義務づけられている。
  • ※実際に外国人が知らずに起立しないで逮捕された例もありますので注意してください。
  • 地理
  • 東南アジアの中心に位置し、国土面積は約51万4000平方キロメートル(日本の約1.4倍)ミャンマー(ビルマ)、ラオス、カンボジア、マレーシアと国境を接しています。
  • 人口
  • 約6,338万
  • 人民族的には、タイ族が約75%、中華系が10%、他にモーン・クメール系、マレー系、ラオス系、インド系が暮らしており、山岳部にはそれぞれの文化や言語をもった少数民族が暮らしています。
  • 首都バンコクの人口は約825万人
  • 面積
  • 513,115平方キロメートル
  • 日本の約1.4倍
  • 首都バンコクの面積は1,568平方キロメートル
  • 言語
  • タイ語
  • 日常会話では地方によって方言があり、山岳部の少数民族は独自の言語を使用しています。観光地のホテルやレストランでは、英語も通じます。
  • 通貨
  • バーツ(Baht)、補助通貨サタン(1バーツ=100サタン)
  • 硬貨:25サタン、50サタン、1バーツ、5バーツ、10バーツ硬貨の4種類。
  • 紙幣:20バーツ(緑)、50バーツ(青)、100バーツ(赤)、500バーツ(紫)、1000バーツ(グレー)の5種類。
  • ※10バーツ札もごくまれに見かけます。
  • 時差
  • 日本との時差は-2時間、日本の17時がタイの15時。
  • 政治体制
  • 立憲君主制
  • 民族構成
  • タイ族75%、華人14%、そのほかマレー族、クメール族、カレン族、ミャオ族、モン族、ヤオ族、ラフ族、リス族、アカ族など11%
  • 宗教
  • 仏教95%、イスラム教3.8%、キリスト教0.5%、ヒンドゥー教0.1%、その他0.6%
  • 年齢制限
  • タイではタバコは18歳未満、アルコールは20歳未満の購入は不可