燃油サーチャージ値上げのお知らせ

2017/11/1612月1日以降の発券対象

2017年12月1日以降の発券を対象に日系キャリア、JAL日本航空とANA全日本空輸をはじめ、タイ国際航空などの燃油サーチャージが値上げされます。
上記の他、チャイナエアライン、エバー航空、香港航空、マカオ航空などの経由便も対象となります。

JAL日本航空、ANA全日本空輸

●12月以降:3,000円(1区間)
●11月まで:1,500円(1区間)

タイ国際航空

エコノミークラス
●12月以降:15USドル(1区間)
●11月まで:11USドル(1区間)
ファーストクラス、ビジネスクラス
●12月以降:21USドル(1区間)
●11月まで:16USドル(1区間)

現在、ご予約済みのお客様におかれましては、お早めの発券をおすすめいたします。

※発券後に燃油サーチャージが値上がりしても差額は徴収されませんが、発券前の航空券につきましては値上げされますのでご注意ください。

燃油サーチャージ更新

2016/03/17燃油サーチャージを更新しました。

2016年4月1日以降の発券を対象に日系のキャリア、JAL日本航空とANA全日本空輸をはじめ、バンコクエアウェイズ、チャイナエアラインなどの燃油サーチャージがついに「0円」に! その他キャリアも大幅ダウンに!ますますタイへ行きやすくなりました。

燃油サーチャージ更新

2015/12/01燃油サーチャージを更新しました。

タイ国際航空エコノミークラスの燃油サーチャージがついに「0円」に! ますますタイへ行きやすくなりました。その他の航空会社も値下げとなり日系や一部直行便も片道「3,000円」へ値下げされました。

空港諸税・空港施設使用料

空港諸税・空港施設使用料

  • 渡航先の国、又は地域によっては、渡航者個人に対して 空港税などの支払いが義務付けられています。
  • ウェブサイト掲載の航空券代金には現地空港諸税および日本の空港施設使用料は含まれておりません。
  • ご利用頂く航空会社・区間により、徴収額が異なりますのでご注意ください。
  • 空港諸税・空港施設使用料は随時更新してまいりますが、都合により遅れる場合がございますので、予めご了承ください。
  • 大人=満12歳以上、子供=満2歳以上12歳未満、幼児=2歳未満

空港諸税・空港施設使用料 -日本国内-

空港名 種類 大人 小児 幼児
成田空港 旅客サービス施設使用料 [国際線出国時] 2,090円 1,050円 不要
成田空港 空港施設料 440円 220円 不要
成田空港 旅客保安サービス料 [国際線出国時] 520円 520円 不要
成田空港 旅客保安サービス料 [国際線出国時] 520円 520円 不要
成田空港(第3T) 旅客サービス施設使用料 [国際線出国時] 1,020円 510円 不要
成田空港(第3T) 旅客サービス施設使用料 [国際線乗継] 510円 250円 不要
成田空港(第3T) 空港施設料 380円 190円 不要
成田空港(第3T) 旅客保安サービス料 [国際線出国時] 520円 520円 不要
羽田空港 旅客サービス施設使用料 [国際線出国時] 2,570円 1,280円 不要
羽田空港 旅客サービス施設使用料 [国際線乗継] 1,280円 640円 不要
羽田空港 空港施設料 [国内線出発・到着時] 290円 140円 不要
羽田空港 旅客保安サービス料 [国際線出国時] 100円 100円 不要
関西国際空港 旅客サービス施設使用料 [国際線出国時] 2,730円 1,370円 不要
関西国際空港 旅客サービス施設使用料 [国際線乗継] 550円 280円 不要
関西国際空港 旅客保安サービス料 [国際線出国時] 310円 310円 不要
中部国際空港 旅客サービス施設使用料 [国際線出国時] 2,570円 1,290円 不要
中部国際空港 空港施設料 310円 150円 不要
福岡空港 旅客サービス施設使用料 [国際線出国時] 970円 490円 不要
新千歳空港 旅客サービス施設使用料 [国際線出国時] 1,030円 520円 不要
那覇空港 旅客サービス施設使用料 [国際線出国時] 1,000円 500円 不要

国際線旅客サービス料 -タイ-

空港名 国際線旅客サービス料
バンコク[BKK,DMK]、チェンマイ、チェンライ、ハジャイ、プーケット、サムイ 700B
バンコクにてOS便利用時 725B
クラビ、ウタパオ、トラート 400B
スコータイ 500B

非課税対象

  • 2歳未満の幼児
  • 24時間以内の国際線から国際線の乗り継ぎで、TRANSIT AREAを出ない旅客
  • 【サムイ、クラビ、ウタパオのみ適応】12時間以内の国際線から国際線の乗り継ぎで、TRANSIT AREAを出ない旅客
  • 【サムイ、クラビ、ウタパオのみ適応】12時間以内の国際線から国内線の乗り継ぎで、TRANSIT AREAを出ない旅客
  • 【サムイ、クラビ、ウタパオのみ適応】国内線のみの旅程において12時間以内に同じ航空会社を乗り継ぐ旅客(往復旅行の折り返し点は課税)
  • いずれも同一航空券で発券されていることが条件となります。

サムイのみ適応の非課税対象

  • 政府賓客/各国首脳/総主教/国王・女王陛下とその側近の賓客
  • 自家用機またはタイ国内のみでチャーター機を利用する、タイまたは各国政府の職員で、国務として空路を利用していることを証明できる旅客
  • タイ運輸省/化学兵器禁止機関の認可を受けた旅客
  • タイ王族
  • 24時間以内の国際線から国際線の乗り継ぎを行う旅客
  • 乗務員

【新設】ADVANCE PASSENGER PROCESSING USER CHARGE(E7) -タイ-

空港名 課税額
バンコク[BKK,DMK]、チェンマイ、チェンライ、ハジャイ、プーケット、サムイ、トラート、スラータニー、ウタパオ、クラビ 35B

非課税対象

  • 乗務員

課税対象

  • 国際線で出発及び到着する旅客(国際線でタイに到着時最初の空港、もしくは国際線でタイから出発時最後の空港で徴収)
  • 12時間以内の国際線から国際線の乗り継ぎで同一便を利用する旅客、12時間以内の国際線から国際線の乗り継ぎで異なる便を利用する旅客は、 国際線の出発分を非課税とし、国際線の到着分のみを 課税対象とする。(但し、同一航空券で発券されていること)
  • ただし、旅程開始地点への乗継の場合は、12時間以内であっても出発・到着の両方が課税対象となります。

【新設】国際線発着料 -タイ-

空港名 国際線発着料
バンコク[BKK,DMK]、チェンマイ、チェンライ、ハジャイ、プーケット、サムイ、トラート、ウタパオ、クラビ、スラータニー、ウドンタニ、コーンケン、ピサヌローク、ナラーティワート、パッタニー、ラノーン、トラン、ナコーンラーチャシーマー、ホアヒン、ナーンナコーン、チュムポーン、メーホンソーン、ナコーンパノム、メーソート、ナコーンシータンマラート 15B

非課税対象

  • 乗務員
  • 機材の変更による乗り継ぎ(同一便で発券されていることが条件)
  • 同一航空機での乗り継ぎ
  • 国際線到着後12時間以内に乗り継ぐすべての旅客は免除され、到着・出発ともに非課税となります。
  • 国際線到着後12時間を超えて乗り継ぐすべての旅客は到着時にTHB 15を徴収しますが、出発料は非課税です。
  • 国際線の乗り継ぎ:国際線到着時にTHB 15を徴収し、出発時は非課税となります。

課税対象

  • 国際線で出発及び到着する旅客
  • 12時間以内の国際線から国際線の乗り継ぎで、TRANSIT AREAを出ない場合、どちらか一方の便のみ課税対象となります。
  • ただし、旅程開始地点への乗継の場合は、12時間以内であっても出発・到着の両方が課税対象となります。

国内線旅客サービス料 -タイ-

空港名 国内線旅客サービス料
バンコク[BKK,DMK]、チェンマイ、チェンライ、ハジャイ、プーケット 100B
サムイ 300B
スコータイ、トラート 200B
上記空港以外 50B

非課税対象

  • 2歳未満の幼児
  • 国内線のみの旅程において24時間以内に同じ航空会社を乗り継ぐ旅客(但し往復旅行の折り返し点は課税)
  • 12時間以内の国際線から国内線の乗り継ぎで、TRANSIT AREAから出ない旅客(同一航空券で発券されていること)
  • サムイ、スコータイ、トラートにおいて、国内線のみの旅程において12時間以内に同じ航空会社を乗り継ぐ旅客(同一航空券で発券されていることが条件、往復旅行の折り返し点は課税)
  • スコータイから直行便でタイ国外へ出発する場合、国際線課税額が適応されます。

サムイのみ適応の非課税対象

  • 国内線のみの旅程において24時間以内に同じ航空会社を乗り継ぐ旅客(但し往復旅行の折り返し点は課税)
  • 政府賓客/各国首脳/総主教/国王・女王陛下とその側近の賓客
  • 自家用機またはタイ国内のみでチャーター機を利用する、タイまたは各国政府の職員、国務として空路を利用していることを証明できる旅客
  • タイ運輸省/化学兵器禁止機関の認可を受けた旅客
  • タイ王族
  • 24時間以内の国際線から国際線の乗り継ぎを行う旅客
  • 乗務員

航空保険料

航空会社 対象 現地通貨
タイ国際航空
  • 国際線1区間毎:USD5
  • 日本国内線1区間毎:USD5
日本航空
  • 1区間毎:JPY300
全日本空輸
  • 1区間毎:JPY300
バンコクエアウェイズ
  • 1区間毎:USD3.00
シンガポール航空
  • 日本発着の1区間毎:JPY0
  • 日本発着以外の1区間毎:JPY600
キャセイパシフィック航空
  • 1区間毎(香港発着以外の区間毎):USD1.20
香港航空
  • 1区間毎(香港発着以外の区間毎):HKD0
チャイナエアライン
  • 1区間毎:JPY300
エバー航空
  • 国際線の1区間毎:JPY300
ベトナム航空
  • 1区間毎(日本路線):JPY470
  • その他区間:USD4.00
マレーシア航空
  • 1区間毎:USD5.00
ガルーダインドネシア航空
  • 1区間毎:JPY0
フィリピン航空
  • 国際線1区間毎:JPY300
中国国際航空
  • 国際線及び香港線を1区間毎(香港発着を除く):USD4.00
中国東方航空
  • 1区間毎(中国-香港区間を除く):USD4.00
マカオ航空
  • -
アシアナ航空
  • 国際線1区間:JPY90
大韓航空
  • 1区間毎:USD0.90

燃油サーチャージ

燃油サーチャージ

  • 更新日
  • 2017/11/16現在

燃油サーチャージの見方

  • 実際の請求額は、ご旅行のお申込みを頂いた時点、または発券時での換算となります。
  • 1区間につき = 1フライトごとに対象となります。
  • 片道につき = 目的地までの全フライト分を対象とした表記となります。
  • 下記は日本発着の燃油特別付加運賃の金額(目安)となっております。
  • 為替の変動により発券時の燃油サーチャージが下記金額と異なる場合がございます。
  • 記載に無い区間の設定もある場合がございますので、詳しくはお問合せください。
  • 航空会社未定コースの燃油サーチャージ代金は、ご利用頂く航空会社の決定後に徴収いたします。
  • ご利用頂く航空会社・区間により、徴収額が異なりますのでご注意ください。

タイ国際航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
東京・名古屋・福岡・大阪=タイ間 1区間 1,350円(〜11/30)
USD 15.00(12/1〜)
上記金額の10%(座席なし)
札幌=タイ間 1区間 1,350円(〜11/30)
USD 15.00(12/1〜)
上記金額の10%(座席なし)
東京・名古屋・福岡・大阪=タイ間[ビジネス・ファースト] 1区間 USD 16.00(〜11/30)
USD 21.00(12/1〜)
上記金額の10%(座席なし)
札幌=タイ間[ビジネス・ファースト] 1区間 USD 16.00(〜11/30)
USD 21.00(12/1〜)
上記金額の10%(座席なし)
タイ国内線 1区間 150円 上記金額の10%(座席なし)

日本航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=タイ間 1区間 1,500円(〜11/30)
USD 3,000円(12/1〜)
座席利用無しは免除

全日本空輸

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=タイ間 1区間 1,500円(〜11/30)
USD 3,000円(12/1〜)
座席利用無しは免除

バンコクエアウェイズ

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=タイ間 片道 1,500円 座席利用無しは免除

スクート

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=タイ間 片道 0円 0円

ジェットアジア・エアウェイズ

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=タイ間 1区間 お問合せ 座席利用無しは免除

シンガポール航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=シンガポール間 1区間 0円 座席利用無しは免除
シンガポール=タイ間 1区間 0円 座席利用無しは免除
シンガポール=タイ間 [ビジネスクラス] 1区間 5,000円 座席利用無しは免除
シンガポール=タイ間 [ファーストクラス] 1区間 5,500円 座席利用無しは免除

キャセイパシフィック航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=香港・台北間 1区間 500円 500円
香港・台北=東南アジア間 1区間 700円 700円

香港航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=香港間 1区間 500円(〜11/30)
1,000円(12/01〜)
500円(〜11/30)
1,000円(12/01〜)
香港・台北=東南アジア間 1区間 850円 850円

チャイナエアライン

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
東京・札幌=台湾間 1区間 500円(〜11/30)
1,500円(12/01〜)
座席利用無しは免除
名古屋・大阪・富山・静岡=台湾間 1区間 500円(〜11/30)
1,500円(12/01〜)
座席利用無しは免除
広島・高松・福岡・宮崎・鹿児島=台湾間 1区間 500円(〜11/30)
1,500円(12/01〜)
座席利用無しは免除
沖縄=台湾間 1区間 300円(〜11/30)
900円(12/01〜)
座席利用無しは免除
台湾=タイ 1区間 3,000円 座席利用無しは免除

エバー航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
千歳・旭川・函館・仙台・成田・羽田・小松・関西・福岡=台湾間 1区間 500円(〜11/30)
1,500円(12/01〜)
座席利用無しは免除
沖縄=台湾間 1区間 200円(〜11/30)
900円(12/01〜)
座席利用無しは免除
台湾=東南アジア間 1区間 3,000円 座席利用無しは免除

マレーシア航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
※2014年4月1日以降発券分から、日本発の運賃が改定され、燃油サーチャージ・航空保険料に相当する料金は運賃に含まれます。

ベトナム航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=ベトナム 1区間 800円 800円
ベトナム=タイ 1区間 500円 500円

フィリピン航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=フィリピン 1区間 1,000円 座席利用無しは免除
フィリピン=タイ 1区間 1,000円 座席利用無しは免除

ガルーダインドネシア航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=インドネシア 1区間 3,500円 座席利用無しは免除
インドネシア=タイ 1区間 7,200円 座席利用無しは免除

中国国際航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=タイ 1区間 2,500円 2,500円

中国東方航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=東南アジア間 片道 3,600円 3,600円

中国南方航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=東南アジア間 片道 3,000円 3,000円

マカオ航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=マカオ間 1区間 500円(〜11/30)
1,500円(12/01〜)
500円(〜11/30)
1,500円(12/01〜)
マカオ=バンコク間 1区間 1,000円 1,000円

アシアナ航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=東南アジア 片道 1,500円 座席利用無しは免除

大韓航空

対象路線 対象条件 金額(目安) 幼児
日本=韓国=東南アジア間 片道 1,500円(〜11/30)
3,000円(12/01〜)
座席利用無しは免除