ワットヤイチャイモンコン(アユタヤ)

別名「チャオプラヤータイ寺院」とも呼ばれ、高さ72mの仏塔は、1592年に19代アユタヤ王ナレスアンが象にまたがり一騎打ちでビルマ王子を敗り、ビルマ軍との戦いに勝利した記念の塔です。ビルマが先に建てたワット・プーカオトーンの高さ80mのパコダに対抗してこの仏塔を建立しましたが、高さはわずかに及ばなかった歴史があります。仏塔の中腹まで登る事ができ、仏塔を1周すると境内を360度見渡せるので是非チャレンジしてみよう。人気の観光名所で観光客が多く常に混雑しているためスリが出没することもあります。特に仏塔へ登る階段と仏塔の中は人で密集しているため、持ち物には十分注意を払いたい。