タイの主要ビーチ20ヶ所で全面禁煙

2017/10/12現地情報

2017年11月より、タイ国内の主なビーチ20ヶ所にて全面禁煙が実施されます。
先日、プーケットのパトンビーチで行われた調査により2.5kmのエリア内になんと13万8,000個以上の大量の吸い殻が投棄されていた事が発覚しました。
さらに今後、タイ国内の全てのビーチを禁煙にする方向で調整が進められています。
違反した場合は、10万バーツ以下の罰金刑もしくは1年以下の禁錮刑が科せられますので、ご注意ください。
※喫煙される場合は、各ビーチに設置予定の喫煙エリアにてお願いいたします。

禁煙対象の主なビーチ

■チョンブリー:バンセンビーチ
■パタヤ:パタヤビーチ
■パタヤ:ジョムティエンビーチ
■ラヨーン:メーピンビーチ
■チャンタブリー:レムシンビーチ
■シーチャン島:タムパンビーチ
■ペッチャブリー:チャアムビーチ
■ホアヒン:ホアヒンビーチ
■ホアヒン:カオタキアブビーチ
■チュムポーン:サイリービーチ
■プーケット:パトンビーチ
■プーケット:レムシンビーチ
■カイ島:ノックビーチ
■カイ島:ナイビーチ
■サムイ島:ボプットビーチ
■タオ島:ハードサイリービーチ
■ソンクラー:サミラビーチ
■その他...