電子タバコ(IQOS)禁止条例

2017/10/10現地情報

タイでは電子タバコ(IQOS)の「使用」をはじめ「所持」しているだけでも罰金刑、または懲罰の対象となります。
タイへの持込は、くれぐれもされないようご注意ください。
※違反した場合、最高で10年の懲役、または50万バーツの罰金のいずれかが科せられます。

電子タバコ禁止条例

禁止条例とは、「輸入」及び「販売」、「提供」が対象となります。
商売目的でなく、個人的に「所持」「使用」していた場合でも罰せられます。
アイコス(IQOS)をはじめ、加熱式のタバコも含まれます。
違反した場合、最高で「10年の懲役」、または「50万バーツの罰金」のいずれかが科せられます。