アーティスト・興行ビザ(ノンイミグラント-B)

  • アーティスト・興行ビザ(ノンイミグラント-B)とは?
  • 芸術関連のパフォーマンスまたは興行を目的としたビザで90日以内の滞在となります。
    また、大使館は面接を要求する場合がありますので、ビザ手続きの時間を十分に踏まえて渡航の計画をたてることが必要です。

続きを読む アーティスト・興行ビザ(ノンイミグラント-B)

就労者家族ビザ(ノンイミグラント-O)

  • 就労者家族ビザ(ノンイミグラント-O)とは?
  • タイ王国で正規就労する外国人の配偶者や扶養家族のためのビザとなり「主たる申請者に同行すること」になります

就労者家族ビザ申請料

  • 現金のみ
    • シングルエントリー9,000円
    • マルチプルエントリー22,000円

就労者家族ビザの期間

入国回数 ビザ有効期限 滞在日数
シングル 3ヶ月 90日以内
マルチプル 1年間 90日以内

就労者家族ビザ申請の必要書類

  • パスポート原本
    • 有効期限6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が1ページ以上あるもの
  • ビザ申請書1枚
    • ビザ申請書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 申請書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの申請書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 写真1枚
    • カラー3.5×4.5cm、申請書内に糊で貼付
    • 3ヶ月以内撮影のもの
  • 航空券もしくは予約の確認書のコピー
    • 航空会社もしくは旅行会社発行のもので搭乗者名、タイへの入国日、出国日、便名の表記されているもの
  • 経歴書
    • 経歴書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 経歴書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの経歴書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 招聘状原本
    • 申請者の配偶者または近親家族が就労しているタイの会社/雇用主発行のもの
    • PDF、コピー、ファックス不可
    • 招聘状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、就労者名、滞在目的、入国予定日、滞在期間、希望のビザの種類、就労者と申請者の関係そしてタイ商務省発行の会社謄本に名前が記載されているサイン権者の直筆署名を含むこと
    • 招聘状のサイン権者署名が取得できない場合、ビザ申請と共に招聘状の署名者へのサイン権者からの委任状を提出すること
  • タイ商務省発行の就労者会社登記謄本コピー
    • 6か月以内発行のもの
  • 推薦状原本
    • 申請者の配偶者または近親家族が現在所属している日本の会社発行のもの
    • PDF、コピー、ファックス不可
    • 推薦状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、就労者名、滞在目的、入国予定日、滞在期間、希望のビザの種類、申請者と就労者の関係そしてサイン権者の直筆署名を含むこと
    • 日本における会社/雇用主がなく、個人でタイに就職する場合、身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券または運転免許書のコピーを提出すること
      • 身元保証人は20歳以上で正規日本居住、申請者の氏名、年齢、身体的特徴、かつ個人情報などを確認することができること
      • 身元保証人は申請者がタイ滞在中に大使館から連絡の連絡が可能であること
      • 身元保証書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
      • 身元保証書はパソコン上でタイプすることが可能
      • 英語でタイプし大文字を使ってください
      • 手書きの身元保証書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 家族登録証明書(戸籍謄本)原本
    • 日本の所轄省庁発行ののもの
    • 発行から3カ月以内
  • 就労者の旅券全ページのコピー
    • シングルエントリーの申請者は就労者の滞在許可期間(Stay Permit)が3ヶ月以上あることを証明できるもの
    • マルチプルエントリーの申請者は就労者の滞在許可期間(Stay Permit)が1年以上あることを証明できるもの
  • 就労者の労働許可書全ページのコピー
    • シングルエントリーの申請者は就労者の労働許可期間(Work Permit)が3ヶ月以上あることを証明できるもの
    • マルチプルエントリーの申請者は就労者の労働許可期間(Work Permit)が1年以上あることを証明できるもの
  • 備考
    • タイの事業提携者、会社、将来の雇用主の書類につて、タイ大使館は以下の書類を要求することがある
      1. 株主名簿
      2. 会社運営許可書
      3. 所得税と事業税の報告書 (Phor Ngor Dor 50 and Por Ngor Dor 30)
      4. 付加価値税登録 (Phor Ngor Dor 20)
      5. 会計報告と貸借対照表
      6. 設立所在地の地図
      7. 外国人労働者のリスト(名前、国籍、役職を示すのも)
        ※上記の書類は会社登記謄本に記載のあるサイン権者によって正式な署名と会社の公印をすること
    • 大使館は外国語の書類をタイ語または英語に翻訳を要求することがあります
    • 書類は日本または書類発行国の所轄省庁で認証を受けることが必要です

タイ家族ビザ(ノンイミグラント-O)

  • タイ家族ビザ(ノンイミグラント-O)とは?
  • タイ国籍者の配偶者又は子供、扶養家族のためのビザです。
  • 滞在期間は90日以内ですが、タイ入国管理事務所において延長許可申請が可能です。
  • また、大使館は面接を要求する場合がありますので、ビザ手続きの時間を十分に踏まえて渡航の計画をたてることが必要です。

タイ家族ビザ申請料

  • 現金のみ
    • シングルエントリー9,000円
    • マルチプルエントリー22,000円

タイ家族ビザの期間

入国回数 ビザ有効期限 滞在日数
シングルエントリー 3ヶ月 90日以内
マルチプルエントリー 1年間 90日以内

タイ家族ビザ申請の必要書類

  • パスポート原本
    • 有効期限6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が1ページ以上あるもの
  • ビザ申請書1枚
    • ビザ申請書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 申請書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの申請書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 写真1枚
    • カラー3.5×4.5cm、申請書内に糊で貼付
    • 3ヶ月以内撮影のもの
  • 航空券もしくは予約の確認書のコピー
    • 航空会社もしくは旅行会社発行のもので搭乗者名、タイへの入国日、出国日、便名の表記されているもの
  • 経歴書
    • 経歴書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 経歴書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの経歴書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • タイ国籍配偶者もしくは扶養家族の国民身分証明書及び旅券コピー
  • タイ所轄省庁発行の配偶者との婚姻証明書もしくは扶養家族の出生証明書及び住居登録証
  • タイ国籍配偶者からの招聘状
  • 婚姻証明書のコピー
    • 外国でタイ国籍者と婚姻手続きをした申請者のみ
    • ビザ申請時にその国の所轄省庁発行の婚姻証明書コピーを提出
    • 公証人役場/所轄省庁の認証を受けること
  • 戸籍謄本原本
    • 日本でタイ国籍者と婚姻手続きをした申請者のみ
    • 日本の市町村発行の戸籍謄本原本
    • 3か月以内発行のもの
  • 身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券または運転免許書のコピー
    • 身元保証人は20歳以上で正規日本居住、申請者の氏名、年齢、身体的特徴、かつ個人情報などのを確認することができること
    • 身元保証人は申請者がタイ滞在中に大使館から連絡の連絡が可能であること
    • 申請者と一緒にタイへ渡航する方以外
    • 身元保証書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 身元保証書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの身元保証書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 備考
    • 大使館は外国語の書類をタイ語または英語に翻訳を要求することがあります
    • 書類は日本または書類発行国の所轄省庁で認証を受けることが必要です

タイ家族ビザの申請方法

  • 本人申請
    • 申請者本人が直接タイ大使館東京領事部にて申請して下さい
    • ビザ申請の受付時間は月曜日~金曜日の午前9:00~午前11:30です
      • 休館日や受付時間は必ず大使館ホームページにてご確認ください
    • ビザの受領に関しては、以下の三通りの方法が可能です
      • 申請者受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 申請者以外の方の受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 着払い郵送にて返送

外交・公用ビザ

  • 外交・公用ビザとは?
  • 日本政府公認の外交官や日本政府公認の外交代表で働いている官職者、または日本政府機関で働いている官職者のみを対象としたビザです。

外交・公用ビザ申請料

  • 無料(申請料は免除)

外交・公用ビザの期間

入国回数 ビザ有効期限 滞在日数
マルチプル 6ヶ月 180日以内

外交・公用ビザ申請の必要書類

  • パスポート原本
    • 有効期限6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が1ページ以上あるもの
  • ビザ申請書1枚
    • ビザ申請書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 申請書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの申請書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 写真1枚
    • カラー3.5×4.5cm、申請書内に糊で貼付
    • 3ヶ月以内撮影のもの
  • 航空券もしくは予約の確認書のコピー
    • 航空会社もしくは旅行会社発行のもので搭乗者名、タイへの入国日、出国日、便名の表記されているもの
  • 口上書原本
    • 発行から14日以内
    • 申請者名、入国日、滞在期間、任務/公務またはタイ滞在目的を記載
  • 在日外交官は、外交官身分証明票のコピー

外交・公用ビザの申請方法

  • 本人申請
    • 申請者本人が直接タイ大使館東京領事部にて申請して下さい
    • ビザ申請の受付時間は月曜日~金曜日の午前9:00~午前11:30です
      • 休館日や受付時間は必ず大使館ホームページにてご確認ください
    • ビザの受領に関しては、以下の三通りの方法が可能です
      • 申請者受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 申請者以外の方の受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 着払い郵送にて返送

3年ビジネスビザ(ノンイミグラント-B)

  • 3年ビジネスビザ(ノンイミグラント-B)とは?
  • ノンイミグラントビザB(会社経営者、役員商用向け)
  • ビジネス目的でタイを訪れる外国人は、3年ノンイミグラントビザBを申請することができます。このタイプのビザはマルチプルエントリー(複数回入国)で有効期限は3年となり、ビザの有効期限が残っている限り必要な回数だけタイを訪問することができ、1回の訪問につき90日を越えない期間タイを訪問することができます。

3年ビジネスビザ申請料

  • 現金のみ
    • マルチプルエントリー44,000円

3年ビジネスビザの期間

入国回数 ビザ有効期限 滞在日数
マルチプル 3年間 90日以内

3年ビジネスビザ(ビザB)申請の必要書類

  • パスポート原本
    • 有効期限6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が1ページ以上あるもの
  • ビザ申請書1枚
    • ビザ申請書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 申請書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの申請書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 写真1枚
    • カラー3.5×4.5cm、申請書内に糊で貼付
    • 3ヶ月以内撮影のもの
  • 航空券もしくは予約の確認書のコピー
    • 航空会社もしくは旅行会社発行のもので搭乗者名、タイへの入国日、出国日、便名の表記されているもの
    • 原本が用意できない場合はコピーも可
    • オープンチケットは不可
  • 経歴書
    • 経歴書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 経歴書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの経歴書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 申請者の日本での事業または終身雇用そしてタイへの頻繁な渡航の必要性を確認する書類
    • 大使館は以下の書類を要求することがある
      1. 雇用証明書
      2. 日本商工会議所または他の日本の信用できる事業団体の会員証明書
  • タイの事業提携者、会社からの招聘状原本
    • PDF、コピー、ファックス不可
    • 招聘状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、滞在目的、入国予定日、滞在期間、希望のビザの種類そしてタイ商務省発行の会社謄本に名前が記載されているサイン権者の直筆署名を含む
    • 招聘状のサイン権者署名が取得できない場合、ビザ申請と共に招聘状の署名者へのサイン権者からの委任状を提出すること
  • タイ商務省発行の会社登記謄本コピー
    • 発行から6カ月以内
  • 推薦状原本
    • 日本における会社/現在の雇用主発行のもの
    • 推薦状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、滞在目的、入国予定日、滞在期間、希望のビザの種類そしてサイン権者の直筆署名を含む
    • 日本における会社/雇用主がなく、個人身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券または運転免許書のコピーを提出すること
      • 身元保証人は20歳以上で正規日本居住、申請者の氏名、年齢、身体的特徴かつ個人情報などを確認することができること
      • 身元保証人は大使館からの連絡が可能な方
      • 身元保証書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
      • 身元保証書はパソコン上でタイプすることが可能
      • 英語でタイプし大文字を使ってください
      • 手書きの身元保証書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • タイの会社、事業提携者、将来の雇用主の補助書類
    • タイ大使館は以下の書類を要求することがある
      • 株主名簿
      • 会社運営許可書
      • 所得税と事業税の報告書 (Phor Ngor Dor 50 and Por Ngor Dor 30)
      • 付加価値税登録 (Phor Ngor Dor 20)
      • 会計報告と貸借対照表
      • 設立所在地の地図
      • 外国人労働者のリスト(名前、国籍、役職を示すもの)
        ※上記の書類は会社登記謄本に記載のあるサイン権者によって正式な署名と会社の公印をすること
  • 注意事項
    • 大使館は外国語の書類をタイ語または英語に翻訳を要求することがある
    • 書類は日本または書類発行国の所轄省庁で認証を受けること

3年ビジネスビザの申請方法

  • 本人申請
    • 申請者本人が直接タイ大使館東京領事部にて申請して下さい
    • ビザ申請の受付時間は月曜日~金曜日の午前9:00~午前11:30です
      • 休館日や受付時間は必ず大使館ホームページにてご確認ください
    • ビザの受領に関しては、以下の三通りの方法が可能です
      • 申請者受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 申請者以外の方の受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 着払い郵送にて返送

教師ビザ(ノンイミグラント-B)

  • 教師ビザ(ノンイミグラント-B)とは?
  • 滞在目的がタイ王国で教師になることを前提としたビザで、タイ入国管理局にて滞在延長の申請が可能です。
  • 申請者はタイ労働省にて労働許可書(ワークパーミット)を申請することが必要です。
  • また、大使館は面接を要求する場合がありますので、ビザ手続きの時間を十分に踏まえて渡航の計画をたてることが必要です。

教師ビザ申請料

  • 現金のみ
    • シングルエントリー9,000円

教師ビザの期間

入国回数 ビザ有効期限 滞在日数
シングル(1回のみ) 3ヶ月 60日以内

教師ビザ申請の必要書類

  • パスポート原本
    • 有効期限6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が1ページ以上あるもの
  • ビザ申請書1枚
    • ビザ申請書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 申請書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの申請書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 写真1枚
    • カラー3.5×4.5cm、申請書内に糊で貼付
    • 3ヶ月以内撮影のもの
  • 航空券もしくは予約の確認書のコピー
    • 航空会社もしくは旅行会社発行のもので搭乗者名、タイへの入国日、出国日、便名の表記されているもの
    • 原本が用意できない場合はコピーも可
    • オープンチケットは不可
  • 経歴書
    • 経歴書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 経歴書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの経歴書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 招聘状・契約承諾書原本
    • タイの教育機関・将来の雇用主発行のもの
    • PDF、コピー、ファックス不可
    • 招聘状は教育機関/将来の雇用主のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、滞在目的、入国予定日、滞在期間、希望のビザの種類そしてタイ文部省または所轄省庁発行の教育機関の登記書類に名前が記載されているサイン権者の直筆署名を含む
    • 招聘状のサイン権者署名が取得できない場合、ビザ申請と共に招聘状の署名者へのサイン権者からの委任状を提出すること
  • タイの文部省または所轄省庁発行の学校許可書または教育機関・将来の雇用主の登記関係書類のコピー
  • 私学教育委員会、基礎教育委員会などタイの所轄省庁発行の雇用承認状
    • PDF、コピー、ファックス不可
  • 推薦状原本
    • 日本における教育機関・現在の雇用主発行のもの
    • PDF、コピー、ファックス不可
    • 推薦状は教育機関/現在の雇用主のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、滞在目的、入国予定日、滞在期間、希望のビザの種類そしてサイン権者の直筆署名を含む
    • 日本における教育機関/現在の雇用主がなく、個人でタイに就職する場合、英文身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券または運転免許書のコピーを提出すること
      • 身元保証人は20歳以上で正規日本居住、申請者の氏名、年齢、身体的特徴かつ個人情報などを確認することができること
      • 身元保証人は大使館からの連絡が可能な方
      • 身元保証書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
      • 身元保証書はパソコン上でタイプすることが可能
      • 英語でタイプし大文字を使ってください
      • 手書きの身元保証書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 卒業証明書または教員資格証明書などの教育上の資格の証明書
  • 無犯罪証明書
    • 日本または申請者の国籍の所轄省庁発行のもの
    • 開封厳禁

教師ビザの申請方法

  • 本人申請
    • 申請者本人が直接タイ大使館東京領事部にて申請して下さい
    • ビザ申請の受付時間は月曜日~金曜日の午前9:00~午前11:30です
      • 休館日や受付時間は必ず大使館ホームページにてご確認ください
    • ビザの受領に関しては、以下の三通りの方法が可能です
      • 申請者受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 申請者以外の方の受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 着払い郵送にて返送

就労・ワーキングビザ(ノンイミグラント-B)

  • 就労・ワーキングビザ(ノンイミグラント-B)とは?
  • タイ王国にて就労する場合、日数に関係なく就労・ワーキングビザの取得が必須となります。

就労・ワーキングビザ申請料

  • 現金のみ
    • シングルエントリー9,000円

就労・ワーキングビザの期間

入国回数 ビザ有効期限 滞在日数
シングル(1回のみ) 3ヶ月 90日以内

就労・ワーキングビザ申請の必要書類

  • パスポート原本
    • 有効期限6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が1ページ以上あるもの
  • ビザ申請書1枚
    • ビザ申請書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 申請書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの申請書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 写真1枚
    • カラー3.5×4.5cm、申請書内に糊で貼付
    • 3ヶ月以内撮影のもの
  • タイの将来の雇用主からの英文招聘状原本
    • PDF、コピー、ファックス不可
    • 招聘状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、就労時の役職、給与の額、入国予定日、就労期間、必要とされるビザの種類そしてタイ商務省発行の会社謄本に名前が記載されている代表者の直筆署名を含む
    • 招聘状の代表者署名が欠けている場合、ビザ申請と共に他の人に代理として権限を委任する委任状を提出すること
  • 経歴書
    • ビザ申請書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 申請書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの申請書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 就労許可書のコピー1部
    • 以前、タイでの就労したことがある申請者のみ
  • 申請時に、未だ有効の滞在許可・再入国許可を所持している方への注意事項
    • 外国人がタイ王国に滞在を許可された場合、許可された内容の職務を実行し、また滞在許可を得た理由に基づく滞在のみ可能となる
    • 万が一、職務に関して何らかの変更が生じた場合(外国人の雇用主変更に基づく法人変更、または退任)、もしくはタイ王国滞在延長の理由が当初の申請手続きと異なった場合、許可された滞在は失効することとなり滞在を続けるとオーバーステイとなり処罰の対象となる
    • 上記は本人のみだけではなく配偶者ビザの家族も含まれる
    • ビザの取消を行う義務は本人にあります
    • ビザの取消の届け出に関する書類は、外国人の雇用変更に基づく法人変更、または退任(解雇・辞職)は下記の通りである
      1. 外国人退任報告に関する入国管理宛ての書状は、辞職日を明確に記載した(辞職日の記載が無い場合は書状が発行された日)記名の権限のある役員(代表者)、かつ会社株主の署名入りのものに限る
      2. 会社登記簿謄本、または株主謄本(発行から6ヶ月以内のもの)
      3. 記名の権限のある役員(代表者)の国民身分証明書、もしくはパスポートのコピー(正式なコピーであること証明する自筆署名が必要)
      4. 退任した外国人のパスポート(入国管理局職員によって退任されたことを証明するスタンプがパスポートに押される)

就労・ワーキングビザの申請方法

  • 本人申請
    • 申請者本人が直接タイ大使館東京領事部にて申請して下さい
    • ビザ申請の受付時間は月曜日~金曜日の午前9:00~午前11:30です
      • 休館日や受付時間は必ず大使館ホームページにてご確認ください
    • ビザの受領に関しては、以下の三通りの方法が可能です
      • 申請者受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 申請者以外の方の受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 着払い郵送にて返送
    • 高校生(18歳)未満の方は、ご両親どちらかによる代理申請が可能です
  • 代理申請
    • 代理申請は、申請者・代理人双方が日本国籍者のみ可
    • 代理人は、申請者の同会社の社員であること(グループ会社を含む)
    • 無関係の旅行会社または個人での代理申請不可
    • 申請者(委任者)は、代理人(受任者)に対し委任状(大使館のホームページよりダウンロード可)を発行し、委任者・受任者ともに身分証明証(顔写真付き)のコピーを添付すること
    • 顔写真付き社員証がない場合、名刺と顔写真付きの身分証明書のコピーを提出すること
    • またグループ会社であることが確認できない場合、グループ会社を証明できる書類の提出を要求する場合があります
    • 申請者が10名以上の場合は、FAX(03-5789-2428)にてご相談の上、申請してください

業務・ビジネスビザ(ノンイミグラント-B)

  • 業務・ビジネスビザ(ノンイミグラント-B)とは?
  • 滞在目的は事業提携者との会合、専門的または事業集会、会議出席そして予め準備された専門的な仕事の遂行などの業務のため
  • 大使館は面接を要求する場合がありますので、ビザ手続きの時間を十分に踏まえて渡航の計画をたてることが必要です。

業務・ビジネスビザ申請料

  • 現金のみ
    • シングルエントリー9,000円
    • マルチプルエントリー22,000円

業務・ビジネスビザの期間

入国回数 ビザ有効期限 滞在日数
シングル(1回のみ) 3ヶ月 60日以内
マルチプル(数次) 6ヶ月 60日以内

業務・ビジネスビザ申請の必要書類

  • パスポート原本
    • 有効期限6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が1ページ以上あるもの
  • 申請書
    • ビザ申請書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 申請書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの申請書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 写真1枚
    • カラー3.5×4.5cm、申請書内に糊で貼付
    • 3ヶ月以内撮影のもの
  • タイ側の事業提携者、会社からの英文招聘状原本
    • PDF、コピー、ファックス不可
    • 招聘状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、滞在目的、入国予定日、滞在期間、希望のビザの種類そしてタイ商務省発行の会社謄本に名前が記載されている代表者の直筆署名を含む
    • 招聘状の代表者署名が欠けている場合、ビザ申請と共に他の人に代理として権限を委任する委任状を提出すること
  • タイ商務省発行の会社登記謄本コピー
    • 6か月以内発行のもの
  • 日本における現在の雇用主/会社からの英文推薦状原本
    • 推薦状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、滞在目的、入国予定日、滞在期間、希望のビザの種類そして代表者の直筆署名を含む
    • 日本における現在の雇用主/会社がなく、個人でタイに就職する場合、英文身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券または運転免許書のコピーを提出すること
    • 身元保証人は成人で日本在住、日本国籍以外の場合、日本永住権を所持していること
    • 申請者の氏名、年齢等の身分事項を知っている方、また申請者がタイ滞在中にタイ大使館から連絡がとれる方
    • 身元保証書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 身元保証書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの身元保証書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 就労許可書のコピー1部
    • 以前、タイで就労したことがある申請者のみ
  • 申請時に、未だ有効の滞在許可・再入国許可を所持している方への注意事項
    • 外国人がタイ王国に滞在を許可された場合、許可された内容の職務を実行し、また滞在許可を得た理由に基づく滞在のみ可能となる
    • 万が一、職務に関して何らかの変更が生じた場合(外国人の雇用主変更に基づく法人変更、または退任)、もしくはタイ王国滞在延長の理由が当初の申請手続きと異なった場合、許可された滞在は失効することとなり滞在を続けるとオーバーステイとなり処罰の対象となる
    • 上記は本人のみだけではなく配偶者ビザの家族も含まれる
    • ビザの取消を行う義務は本人にあります
    • ビザの取消の届け出に関する書類は、外国人の雇用変更に基づく法人変更、または退任(解雇・辞職)は下記の通りである
      1. 外国人退任報告に関する入国管理宛ての書状は、辞職日を明確に記載した(辞職日の記載が無い場合は書状が発行された日)記名の権限のある役員(代表者)、かつ会社株主の署名入りのものに限る
      2. 会社登記簿謄本、または株主謄本(発行から6ヶ月以内のもの)
      3. 記名の権限のある役員(代表者)の国民身分証明書、もしくはパスポートのコピー(正式なコピーであること証明する自筆署名が必要)
      4. 退任した外国人のパスポート(入国管理局職員によって退任されたことを証明するスタンプがパスポートに押される)
  • 備考
    • 退任(ビザ無効)を報告するとタイ王国での滞在は即時に終了となります
    • 退職日(職務の最終日)に入国管理局にて退任手続きがが必要となります
    • また、ビザ申請(延長手続き)を行った入国管理局にてビザの無効手続きも必要となります

業務・ビジネスビザの申請方法

  • 本人申請
    • 申請者本人が直接タイ大使館東京領事部にて申請して下さい
    • ビザ申請の受付時間は月曜日~金曜日の午前9:00~午前11:30です
      • 休館日や受付時間は必ず大使館ホームページにてご確認ください
    • ビザの受領に関しては、以下の三通りの方法が可能です
      • 申請者受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 申請者以外の方の受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 着払い郵送にて返送
  • 代理申請
    • 代理申請は、申請者・代理人双方が日本国籍者のみ可
    • 代理人は、申請者の同会社の社員であること(グループ会社を含む)
    • ただし、無関係の旅行会社または個人での代理申請不可
    • 申請者(委任者)は、代理人(受任者)に対し委任状(大使館ホームページよりダウンロード可)を発行し、委任者・受任者ともに社員証(顔写真付き)のコピーを添付すること
    • ただし、顔写真付き社員証がない場合、名刺と顔写真付きの身分証明書のコピーを提出すること
    • またグループ会社であることが確認できない場合、グループ会社を証明できる書類の提出を要求する場合がある

メディアビザ

  • メディアビザとは?
  • 2010年8月16日から、タイ外務省はタイに特派員として赴任する外国メディアに対し、オンライン登録システム (MMOS : MFA Media Online Service)を導入しました
  • 記者やカメラマンなど報道関連の仕事をするためにタイに3ヶ月以上駐在する方は、メディアビザを取得する必要があります
  • また、メディアビザ取得の場合は、まず広報担当官と面接をする必要があります

メディアビザ申請料

  • 現金のみ
    • シングルエントリー9,000円

メディアビザ申請の面接時に必要な書類

  • 英文の履歴書(Personal History)1部
    • 現在までの職歴や経験したことのある部署など詳細に書いてください
    • 許可が出た場合はビザ課から連絡がありますので、以下の必要書類を持ってビザの申請をしてください
    • ビザは申請後、翌開館日に発給いたします

メディアビザ申請時の必要書類

  • パスポート原本
    • 有効期限6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が1ページ以上あるもの
  • メディアビザ申請書1部
    • ビザ申請書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 申請書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの申請書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 写真1枚
    • カラー3.5×4.5cm、申請書内に糊で貼付
    • 3ヶ月以内撮影のもの
  • 航空券もしくは予約の確認書のコピー
    • 申請者名、便名、タイ入国日、出国日の記載されたものが必要
  • 英文経歴書1部
    • 英文経歴書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 英文経歴書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの英文経歴書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 所属する報道機関の概要 (Company Profile)
  • タイの会社からの英文招聘状(Invitation Letter)原本1部
    • 招聘状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、滞在目的、入国予定日、滞在期間、希望のビザの種類そして代表者の直筆署名を含む
    • 招聘状の代表者署名が欠けている場合、ビザ申請と共に他の人に代理として権限を委任する委任状を提出すること
  • 日本の会社からの英文推薦状(Recommendation Letter)原本
    • 推薦状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、滞在目的、入国予定日、滞在期間、希望のビザの種類そして代表者の直筆署名を含む
  • 報道機関がタイ政府もしくは外国政府に登録されていることを証明する書類
  • 申請者が申請日からさかのぼって1年間の間に執筆したタイに関する記事のコピー(ある場合のみ)
  • 注意事項
    • 日本または申請者の国籍の所轄省庁発行の無犯罪証明書(開封厳禁)が必要になる場合がございます

メディアビザの申請方法

  • 本人申請
    • 申請者本人が直接タイ大使館東京領事部にて申請して下さい
    • ビザ申請の受付時間は月曜日~金曜日の午前9:00~午前11:30です
      • 休館日や受付時間は必ず大使館ホームページにてご確認ください
    • ビザの受領に関しては、以下の三通りの方法が可能です
      • 申請者受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 申請者以外の方の受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 着払い郵送にて返送

トランジットビザ

  • トランジットビザとは?
  • 最終目的地の国に行く途中に経由する国で発行されるビザ(査証)です。
  • 経由国において、乗客は空港外に出られないため、外に出る際に一時的に発給されます。
  • また、タイの国際空港でトランジットに12時間以上かかる場合は、タイ王国に入国しなくてもトランジットビザの申請が必要です。

観光ビザ申請料

  • 現金のみ
    • シングルエントリー3,500円
    • ダブルエントリー7,000円
    • マルチプルエントリー10,500円

トランジットビザの期間

入国回数 ビザ有効期限 滞在日数
シングル(1回) 3ヶ月 30日
ダブル(2回) 6ヶ月 30日以内 x 2回
トリプル(3回) 6ヶ月 30日以内 x 3回

トランジットビザ申請の必要書類

  • パスポート原本
    • 有効期限6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が1ページ以上あるもの
    • 外国籍(日本国籍以外)の旅券所持者は在留カードまたは外国人登録証明書コピー
  • トランジットビザ申請書1枚
    • トランジットビザ申請書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • トランジットビザ申請書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きのトランジットビザ申請書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 写真1枚
    • カラー3.5×4.5cm、申請書内に糊で貼付
    • 3ヶ月以内撮影のもの
  • 航空券もしくは予約の確認書のコピー
    • 申請者名、便名、タイ入国日、出国日の記載されたものが必要
    • 日本国籍者は、1回もしくはそれ以上の渡航回数分
  • 経歴書
    • 経歴書のフォームは、大使館ホームページからもプリントアウトできます
    • 経歴書はパソコン上でタイプすることが可能
    • 英語でタイプし大文字を使ってください
    • 手書きの経歴書でも申請可能ですが、タイプした場合よりもお時間がかかる場合があります
  • 銀行残高証明書原本(日本円表記可)
    • 少なくとも1人20,000バーツ相当、家族で40,000バーツ相当以上の残高があることが証明できること
    • 申請日より過去さかのぼって6ヶ月分の銀行残高証明書、かつ銀行が発行した残高証明書のみ
  • 職業を証明する書類
    • 会社員の方
      • 在職証明書原本、休職証明書原本、会社登記簿謄本原本
    • 自営業・会社経営者の方
      • 会社登記簿謄本原本
    • 学生の方
      • 学校発行の在学証明書原本
    • 年金受給者の方
      • 年金証書原本及びコピー、受給年金額がわかる書類
    • 主婦の方
      • 配偶者の旅券コピー、在留カードまたは外国人登録証書、婚姻証明書(戸籍謄本)
    • 18歳以下の方
      • 保護者の英文身元保証書原本と正式な署名をした保護者の旅券のコピーまたは免許証のコピー
  • 宿泊先を証明する書類
    • ホテルの予約確認書
      • 日本国籍者は、1回もしくはそれ以上の渡航回数分
    • アパート・マンション・コンドミニアム所有者は契約書のコピー
      • 住所、名前、契約期間などの詳細が書かれているもの
    • タイの保証人からの手紙
      • タイにいる知人・友人宅へ宿泊する方
    • タイの保証人の身分証明書写し
      • タイにいる知人・友人宅へ宿泊する方
    • タイの保証人の労働許可証写し
      • タイにいる知人・友人宅へ宿泊する方で、タイ在住者がタイで正規就労する外国籍者の場合

トランジットビザの申請方法

  • 本人申請
    • 申請者本人が直接タイ大使館東京領事部にて申請して下さい
    • ビザ申請の受付時間は月曜日~金曜日の午前9:00~午前11:30です
      • 休館日や受付時間は必ず大使館ホームページにてご確認ください
    • ビザの受領に関しては、以下の三通りの方法が可能です
      • 申請者受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 申請者以外の方の受領 (※申請時にお渡しする引換券を必ずお持ちください)
      • 着払い郵送にて返送
    • 高校生(18歳)未満の方は、ご両親どちらかによる代理申請が可能です
  • 代理申請
    • 代理人は、旅行会社または個人での代理申請可
    • 申請者(委任者)は、代理人(受任者)に対し委任状(大使館のホームページよりダウンロード可)を発行し、委任者・受任者ともに身分証明証(顔写真付き)のコピーを添付すること
    • 申請者が10名以上の場合は、FAX(03-5789-2428)にてご相談の上、申請してください